法律事務所オーセンスがお伝えする法律情報サイト運営会社情報

menu

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット

569

文字の大きさを変更

交通事故にはいろいろなケースがありますが、どのような場合でも、損害賠償額の算出や加害者と被害者との示談交渉は重要になります。

ですがこれらの対応は専門的な知識や特化した能力が必要となる部分が多く、一般の方にとっては荷が重いものです。

そんなときこそ、弁護士を活用するべきです。
専門知識と交渉能力を持つ弁護士ならば、事後処理を有利かつスピーディに進め、円満な解決を図ることができます。

弁護士の専門知識が生きる損害賠償額の算出

交通事故に遭ったときに弁護士を依頼することの第一のメリットは、適正な損害賠償額を算出することができる、ということです。これは他の記事でもお話ししたことですが、何度でも繰り返したいところでもあります。

事故は不測のトラブルであり、事故の被害に遭ったために被害者は予想外の損害を受けます。
その賠償を加害者側に求めるときには、事故によって受けた損害すべてを適正な金額に換算し、請求することになります。

「損害を適正な金額に換算する」という内容からして、一般の方には対応が難しいことです。
そのため多くの場合、加害者側の保険会社が提示してきた金額を見て、少々の不満を感じながらも「まぁ、こんなものなのかな」と納得してしまうということが多いのではないでしょうか。

ですが弁護士ならば、相手が提示した金額の根拠をはっきりとさせ、それが適正なものかどうかを検証することができます。
そしてもしも過少だと判断できれば、その根拠を示したうえで増額を求めることもできます。さらに算出された項目に漏れがあれば、こちら側から適正と思われる金額を提示することもできます。

つまり、提示された額を呑むか呑まないかというレベルを超え、より精密な「適正額」を算出することができるのです。これだけでも、弁護士に依頼するメリットは大きいといえるでしょう。

弁護士は交渉のプロフェッショナル

弁護士は法律の専門家であると同時に、交渉のプロでもあります。

裁判において弁護士は依頼人の事情や希望を理解したうえで、裁判所に対して数々の主張や要望を投げかけ、依頼人の利益を守ろうと活動します。
その過程では依頼人の利益だけでなく、相手の考えもくみ取りながら、法に沿い、お互いが納得できる着地点を探ることが重要になります。
こうした作業を日々行っていますので、弁護士は交渉にかけてはプロフェッショナルと言うことができるでしょう。

その交渉能力は、示談交渉の場でも発揮されます。
もしも被害者自身が交渉に当たった場合、保険会社から提示された賠償額に不満を感じても、うまく増額交渉することは難しいでしょう。
単に「もっと増額してくれ」では、保険会社はおそらく話も聞いてはくれません。

ですが弁護士が交渉に当たれば、ずいぶん事情が変わります。

賠償額の増額を求めるにしても、「この項目の算出の根拠が過少評価されている」などと、明確な理由を提示したうえで堂々と交渉することができます。
譲歩できる部分は譲歩しつつも、譲れない部分は決して折れず、したたかな駆け引きを交えながら交渉を有利に進めていくことができます。

保険会社の担当者は交通事故における示談交渉の専門家。まさにプロフェッショナルと呼べる存在です。
彼らと互角に渡り合い満足のいく結果を得るためには、やはりプロの交渉能力が必要でしょう。
この交渉能力が、弁護士に依頼するもう一つの大きなメリットです。

交通事故の事後処理には、弁護士は最適な存在

交通事故の被害に遭った際にその後の対応を弁護士に依頼することは、とても大きなメリットがあります。

それは事故の状況と内容にかかわらず言えることですが、被害者側の過失が小さい反面、損害額が大きくなりやすい「車対歩行者」というケースでは、こうした傾向は顕著です。
まして一般の方は損害賠償額の算出や示談交渉についての知識も経験も、ほとんどないのが普通です。弁護士に依頼するメリットは、ますます大きいといえるでしょう。

経験豊富な弁護士であれば、示談交渉においても依頼人の要望を反映することができます。

「あまり細かいことは言わずに、とにかく早く解決したい」

「相手方にも事情があるだろうから、円満な解決を図りたい」

「少々時間がかかっても、損害賠償だけはしっかりしてもらいたい」

依頼人からのさまざまな要望に対しても、弁護士は可能な限り応えることができます。それは専門的な知識と能力に加えて、多くの事案を扱ってきた経験によるものです。

もちろん、弁護士は魔法使いではありませんから、依頼人の要望をすべて叶えられるわけではありません。
しかし、交通事故という予期せぬトラブルに見舞われたとき、心身ともに弱っている被害者にとっては、弁護士は心強く、頼りになる存在です。
こうした心理的な安心感も、弁護士に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

MENU