法律事務所オーセンスがお伝えする法律情報サイト運営会社情報

menu

「顧問弁護士」は必要?顧問弁護士の活用とメリット

382

文字の大きさを変更

ビジネスを展開していくうえで、各種の法律・法規を避けて通ることはできません。

会社の運営に関する規律、お客様との取引、他社との業務契約、人事・労務問題、特許や著作権などの権利関係。
あらゆる場面で法律が関わり、法に沿った処置が求められます。

そんなとき、法の専門家である顧問弁護士は、さまざまな問題や課題に適確に対応することができます。

会社が成長していく上で重要な存在といえる顧問弁護士について、顧問契約のメリットやどのようなことが可能になるのかを紹介します。

どんな企業にも欠かせない法務スタッフ

それがどんな業界かにかかわらず、また会社の規模に関係なく、何らかのビジネスを行うときに避けて通れないのが「法」です。

家族経営の零細企業でも社員数千人の大企業でも、それは変わりません。

何らかの企業活動を行う以上、法を離れて活動することはできないのです。ですからどんな会社でも、法に関わる業務「法務」に携わるスタッフは欠かせません。

大きな会社では法務部を置き、法務全般を処理しています。もう少し規模が小さく、法務部がない会社では、総務部などが法的な問題にあたったりしています。中小の企業になると法務を扱う部署がなく、社長や役員がこうした問題を扱うことが多いようです。

ですが法律の専門家でない方が法律問題を扱うことには、とても大きなリスクが潜んでいます。

たとえば製造業では特許権やPL法関連の問題、サービス業ならお客様とのトラブルによる賠償問題。さらに社内での人事・労務問題。いずれも話がこじれてしまうと数百万円、数千万円のダメージを会社に与えかねない事案です。

こうした問題を事前に避け、もしトラブルに発展した場合にも穏便に解決する。そうした機能を持つ法務スタッフはどんな会社にも必要です。
そして法務部を持たない企業にこそ必要なのが、法の専門家である顧問弁護士なのです。

顧問弁護士を契約する必要性とメリット

では、顧問弁護士は実際にどのような業務を行い、どのようなメリットが見込めるのでしょうか?

まず「トラブルの予防」です。

前項でお話しした権利関係の問題のほか、社内的な人事・労務問題に関しては現状を分析したうえで問題点や解決すべき点を指摘します。
こうすることで、人事・労務に関する社内からの提訴などを事前に防ぎ、就労環境の向上を図れます。

また各種の契約を法的な立場からチェックすることで、疎漏のない内容とすることができます。

他社との契約はもちろん、社内の労使契約などについても、公正かつ適正なものにすることができ、契約上のトラブルを防ぎ、自社に不利な状況に陥ることを避けられます。

もしもトラブルが発生した場合には会社の代理人として、あらゆる交渉にあたることができます。

社内でのセクハラ・パワハラ問題や労働問題、権利関係で係争中の他社との和解交渉など、その活動範囲は幅広いものです。こうした活動ができるのは、法の専門家であり交渉のプロである弁護士ならではです。

法務部を持たない中小の企業こそ、顧問弁護士の必要性は高く、しかもそのメリットは大きいといえます。

顧問弁護士はいつから必要になるのか?

では、顧問弁護士はいつ頃から必要になるのでしょうか。

これについては、明確なラインはありません。ただ経営者の視点から見て「このところ、法律絡みの問題が増えてきたな」と感じたら、そろそろ顧問弁護士が必要な時期です。

どんなビジネスでも法律に無関係ではいられません。

その規模が小さなうちは、あまり大きな問題にはならないものです。
お客様や取引先とのトラブルに発展しても、社長が出向いて頭を下げれば、それで済んでしまうことも多いでしょう。
ですが会社の規模、ビジネスの規模が大きくなると、それでは済まなくなってきます。

もしも訴訟ということになれば、長期にわたって裁判や和解交渉を行わなくてはなりませんし、そのために経営者自身の時間と労力を振り向けることは、経営上もマイナスです。
それ以前に、そうしたトラブルが起こらないように「事前に防止する」という体制をとる必要があります。

このようなときこそ、顧問弁護士を検討する時期です。

顧問弁護士を活用すれば、法的トラブルを事前に避けることができますし、対応策を練っておくこともできます。もしもトラブルに発展しても、穏便な解決が期待できます。
法務専門のスタッフを雇用するより低額な予算で顧問弁護士と契約できることもあります。

「ウチにはまだ必要ないな…」などと考えず、まずは信頼できる弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

MENU